税金を調べる

家を売るという事はお金が懐に入ってくる事になります。つまりは所得にあたりますので、所得税がかかる事になります。不動産を売却した時に入ってくる税金は、譲渡所得税に分類されます。しかし、ここで注意しておかなければいけないのが、家を売却した時にかかる譲渡所得税というものは、家の売却金額全てにかかるものではなく、家を売却した時の利益にかかってくることになるのです。

家を売却した時の利益というものは、家を購入した金額よりも家を売却した金額が大きくなる事を意味します。一般的には不動産は時間が経てば経つほど値段は落ちて行きますので、基本的には利益が出るという事はありません。しかし、購入した不動産のエリアが都市開発が行われたり、駅が出来たり、高速道路が近くに出来たりなど環境が変わってくると需要が増え、金額が高くなるケースがあります。そういった時には税金がかかる事になるのです。

ただし、家を売却した時の利益は、不動産を購入した時の金額と売却した時の金額に加え、それぞれにかかった諸費用なども合わせて計算しなければいけません。また、不動産は経過した時間によって減価償却費も頭に入れておく必要があります。基本的には譲渡所得税はかかりませんが、購入金額よりも高くなった時には注意する必要があると言う事です。