7月 2017

控除を調べる

Posted on 2017-07-24

喜ぶ男性不動産を売却した際に、購入金額よりも売却金額が高くなった場合には、売却金額に税率をかけた金額を税金として国に治めることが決められています。
しかし、状況によっては、納める税金を安くする事ができる税金の控除を使用する事ができるケースがあります。

色々と控除のルールはあるのですが、多くの方が利用しているのが自分の住んでいた居住用の物件を売却したときは最高3000万円、収用される時には最高5000万円の特別控除を受ける事ができます
この3000万円や5000万円という金額は、不動産を売却した金額ではなく、利益になります。

この特別控除を簡単にご説明すると、特別控除の課税取得額は、不動産を売却した譲渡価格から、その不動産を取得した時に支払った取得費と不動産を売却する時に必要だった譲渡費用の金額を引いた金額から、特別控除額を引いた金額になります。
特別控除は、自分の持家を売却した場合には、売れた金額が3000万円であっても、購入金額が8000万円でしたら、利益が出ていませんので、特別控除を利用する事も無く税金を納める必要はありませんし、3000万円で購入した持家が6000万円で売却できた場合でも、諸費用などを引いた結果、利益が3000万円以下になった場合には必要がなくなりますので、控除の使い所には要注意です。

税金を調べる

Posted on 2017-07-21

家を売るという事はお金が懐に入ってくる事になります。つまりは所得にあたりますので、所得税がかかる事になります。不動産を売却した時に入ってくる税金は、譲渡所得税に分類されます。しかし、ここで注意しておかなければいけないのが、家を売却した時にかかる譲渡所得税というものは、家の売却金額全てにかかるものではなく、家を売却した時の利益にかかってくることになるのです。

家を売却した時の利益というものは、家を購入した金額よりも家を売却した金額が大きくなる事を意味します。一般的には不動産は時間が経てば経つほど値段は落ちて行きますので、基本的には利益が出るという事はありません。しかし、購入した不動産のエリアが都市開発が行われたり、駅が出来たり、高速道路が近くに出来たりなど環境が変わってくると需要が増え、金額が高くなるケースがあります。そういった時には税金がかかる事になるのです。

ただし、家を売却した時の利益は、不動産を購入した時の金額と売却した時の金額に加え、それぞれにかかった諸費用なども合わせて計算しなければいけません。また、不動産は経過した時間によって減価償却費も頭に入れておく必要があります。基本的には譲渡所得税はかかりませんが、購入金額よりも高くなった時には注意する必要があると言う事です。

売値を調べる

Posted on 2017-07-20

見積書と電卓家を売ると決めたら、必ず不動産仲介業者に見積もりを取る事になります。
不動産仲介業者はかなりの数がありますので、その中から厳選しなければいけません。
ホームページであったり、SNS、チラシなどで魅力的に感じる不動産仲介業者であったり、売ろうと思っている不動産の近くにある不動産仲介業者に依頼して見積もりを取るようにしてください。

見積もりは、基本的に複数の会社の見積もりを取るのがおすすめになります。不動産仲介業者のホームページには、これまで買い取った事例のような物が掲載されているケースがありますが、その時の需要と供給によって金額が大きく異なる事になります。その為、ホームページやチラシなどの情報は、あくまで参考程度にしておかなければならず、基本的には、実際に依頼してどのくらいの金額になるのかを調べてもらう必要があるのです。

複数の不動産仲介業者に依頼する事によって、大体の相場を知る事ができますし、これから売ろうとしている不動産の価値を調べることができます。複数の不動産仲介業者に依頼すると、それぞれのお見積りの金額がかなりの差がある事がわかると思います。自分が思っている以上に買取り金額が付かないような場合には、他の不動産仲介業者を入れる事も検討する必要があります。

家を売る時に調べる事

Posted on 2017-07-19

家を売る時には1円でも高い金額で売却したいと思うのは当然の事だと思います。
家に住んでいた思い入れもありますし、次の家を購入する資金にしたいと思う方も多いと思いますので、なるべく高く売る為に何が出来るかを知っておく必要があります。

最初に調べなければいけないのが、不動産の売却金額です。
不動産を売却するためには、相場を知っておかないといくらで売却したらよいかわからなくなってしまいます
その為、最初に相場の調査が必要になります。
相場の調査は、売却しようとしているエリアで売りに出ている不動産の売り値をチェックしたり、毎年3月に公表されている国土交通省の土地総合情報を利用して坪単価を確認するような方法があります。
都道府県地価調査のページから売却する土地を選択していく事によって簡単にチェックする事ができますので利用してください。また、不動産屋さんに直接見積もりをしてもらう事によって、より明確な金額を知る事ができます。

また、高く売却するためには、売却金額はもちろんですが、税金であったり、控除などについても知る必要があります。そこでこちらでは、不動産を売却して、利益を得るために調べておいて欲しい情報をご紹介します。不動産を売却した金額にかかる所得税であったり、住んでいた不動産を売却した時に利用する事ができる特別控除などを詳しくご紹介していきます。少しでも多く利益を確保する為に必要な事になりますので、ぜひチェックしてみてください。